きのこ会議 夢野久作(ゆめの きゅうさく)

f:id:tobiiroeyes:20200930171338j:plain

 初茸(はつたけ)、松茸(まつたけ)、椎茸(しいたけ)、木くらげ、白茸(しろたけ)、鴈茸(がんたけ)、ぬめり茸、霜降り茸(しもふりたけ)、獅子茸(ししたけ)、鼠茸(ねずみたけ)、皮剥ぎ茸(かわはぎたけ)、米松露(こめしょうろう)、麦松露(むぎしょうろう)なぞいうきのこ連中がある夜集まって、談話会(だんわかい)を始めました。

一番初めに、初茸(はつたけ)が立ち上って挨拶をしました。
「皆さん。この頃はだんだん寒くなりましたので、そろそろ私共は土の中へ引き込まねばならぬようになりました。今夜はお別れの宴会ですから、皆さんは何でも思う存分に演説をして下さい。私が書いて新聞に出しますから」
 皆がパチパチと手をたたくと、お次に椎茸(しいたけ)が立ち上りました。
「皆さん、私は椎茸というものです。この頃人間は私を大変に重宝がって、わざわざ木を腐らして私共の畑を作ってくれますから、私共はだんだん大きな立派な子孫が殖えて行くばかりです。今にどんな茸でも人間が畠(はたけ)を作ってくれるようになって貰いたいと思います」
 皆は大賛成で手をたたきました。

その次に松茸(まつたけ)がエヘンと咳払いをして演説をしました。
「皆さん、私共のつとめは、第一に傘をひろげて種子(たね)を撒き散らして子孫を殖やすこと、その次は人間に食べられることですが、人間は何故だか私共がまだ傘を開かないうちを喜んで持って行ってしまいます。そのくせ椎茸さんのような畠も作ってくれません。こんな風だと今に私共は種子を撒く事が出来ず、子孫を根絶やしにされねばなりません。人間は何故この理屈がわからないかと思うと、残念でたまりません」
 と涙を流して申しますと、皆も口々に、
「そうだ、そうだ」
 と同情をしました。
 するとこの時皆のうしろからケラケラと笑うものがあります。

見るとそれは蠅取り茸(はえとりたけ)、紅茸(べにたけ)、草鞋茸(ぞうりたけ)、馬糞茸(ばふんたけ)、狐の火(きつねのひもとし)、狐の茶袋(きつねのちゃぶくろ)なぞいう毒茸(どくきのこ)の連中でした。
 その大勢の毒茸の中でも一番大きい蠅取り茸は大勢の真ん中に立ち上って、
「お前達は皆馬鹿だ。世の中の役に立つからそんなに取られてしまうのだ。役にさえ立たなければいじめられはしないのだ。自分の仲間だけ繁昌(はんじょう)すればそれでいいではないか。俺達を見ろ。役に立つ処(ところ)でなく世間の毒になるのだ。蠅でも何でも片っぱしから殺してしまう。えらい茸(きのこ)は人間さえも毎年毎年殺している位だ。だからすこしも世の中の御厄介にならずに、繁昌して行くのだ。お前達も早く人間の毒になるように勉強しろ」
 と大声でわめき立てました。
 これを聞いた他の連中は皆理屈に負けて

「成る程、毒にさえなればこわい事はない」と思う者さえありました。
 そのうちに夜があけて茸狩り(きのこがり)の人が来たようですから、皆は本当に毒茸のいう通り毒があるがよいか、ないがよいか、試験してみる事にしてわかれました。
 茸狩りに来たのは、どこかのお父さんとお母さんと姉さんと坊ちゃんでしたが、ここへ来ると皆大喜びで、
「もはやこんなに茸(きのこ)はあるまいと思っていたが、いろいろの茸がずいぶん沢山ある」
「あれ、お前のようにむやみに取っては駄目よ。こわさないように大切に取らなくては」
「小さな茸は残してお置きよ。かわいそうだから」
「ヤアあすこにも。ホラここにも」
 と大変な騒ぎです。
 そのうちにお父さんは気が付いて、
「オイオイみんな気を付けろ。ここに毒茸が固まって生えているぞ。よくおぼえておけ。こんなのはみんな毒茸だ。取って食べたら死んでしまうぞ」
 とおっしゃいました。

茸共は、成る程毒茸はえらいものだと思いました。

毒茸も「それ見ろ」と威張っておりました。
 処(ところ)が、あらかた茸を取ってしまってお父さんが、
「さあ行こう」
 と言われますと、姉さんと坊ちゃんが立ち止まって、
「まあ、毒茸はみんな憎らしい恰好をしている事ねえ」
「ウン、僕が征伐してやろう」
 といううちに、片っ端から毒茸共は大きいのも小さいのも根本まで木っ葉微塵に踏み潰されてしまいました。

 

納豆の茶漬け 北大路魯山人

f:id:tobiiroeyes:20200928220705j:plain

www.aozora.gr.jp

 

目次

 納豆の茶漬けは意想外(いそうがい)*1に美味いものである。しかも、ほとんど人の知らないところである。食通間といえども、これを知る人は意外に少ない。と言って、私の発明したものではないが、世上(せじょう)*2これを知らないのはふしぎである。

 

納豆の拵え方

 ここでいう納豆の拵(こしらえ)*3方とは、ねり方のことである。このねり方がまずいと、納豆の味が出ない。納豆を器に出して、それになにも加えないで、そのまま、二本の箸でよくねりまぜる。そうすると、納豆の糸が多くなる。蓮から出る糸のようなものがふえて来て、かたくて練りにくくなって来る。この糸を出せば出すほど納豆は美味くなるのであるから、不精(ぶしょう)*4をしないで、また手間を惜しまず、極力ねりかえすべきである。
 かたく練り上げたら、醤油を数滴落としてまた練るのである。また醤油数滴を落として練る。要するにほんの少しずつ醤油をかけては、ねることを繰り返し、糸のすがたがなくなってどろどろになった納豆に、辛子(からし)を入れてよく攪拌(かくはん)*5する。この時、好みによって薬味(ねぎのみじん切り)を少量混和すると、一段と味が強くなって美味い。茶漬けであってもなくても、納豆はこうして食べるべきものである。
 最初から醤油を入れてねるようなやり方は、下手なやり方である。納豆食いで通がる人は、醤油の代りに生塩を用いる。納豆に塩を用いるのは、さっぱりして確かに好ましいものである。しかし、一般にはふつうの醤油を入れる方が無難なものが出来上がるであろう。

 

お茶潰けのやり方

 そこで以上のように出来上がったものを、まぐろの茶漬けなどと同様に、茶碗に飯を少量盛った上へ、適当にのせる。納豆の場合は、とりわけ熱飯がよい。煎茶(せんちゃ)*6をかけ、納豆に混和した醤油で塩加減が足りなければ、飯の上に醤油を数滴たらすのもいい。最初から納豆の茶漬けのためにねる時は、はじめから醤油を余計まぜた方がいい。元来、いい味わいを持つ納豆に対して、化学調味料を加えたりするのは好ましいやり方ではない。そうして飯の中に入れる納豆の量は、飯の四分の一程度がもっとも美味しい。納豆は少なきに過ぎては味がわるく、多きに過ぎては口の中でうるさくて食べにくい。
 これはたやすいやり方で、簡単にできるものである。早速、秋の好ましいたべものとして、口福( こうふく )*7を満たさるべきではなかろうか。

 

納豆のよしあし

 納豆には美味いものと不味いものとある。不味いのは、ねっても糸をひかないで、ざくざくとしている。それは納豆として充分に発酵していない未熟な品である。糸をひかずに豆がざくざくぽくぽくしている。充分にかもされている納豆は、豆の質がこまかく、豆がねちねちしていないものは、手をいかに下すとも救い難いものである。だから、糸をひかない納豆は食べられない。一番美味いのは、仙台、水戸などの小粒の納豆である。神田で有名な大粒の納豆も美味い。しかし、昔のように美味くなくなったのは遺憾である。豆が多くて、素人目にはよい納豆にはなっているが。
(昭和七年)

*1:物事が、思いもよらない、考えもしなかった、などといった様子を意味する表現。予想外であるさま。

*2:①世の中。世間。「世上のうわさ」②あたり一面。四方。

*3:①物の出来あがったようす。出来ぐあい。つくり。②準備。用意。したく。③手を加えて飾ること。

*4:からだを動かして物事をするのを面倒くさがること。また、そのさま。身だしなみに頓着 (とんちゃく) しないさまなどにもいう。

*5:かき回すこと。かきまぜること。

*6:①緑茶の一種。茶葉の新芽を製したもの。②葉茶を煎じて飲むこと。また、その煎じ出した茶。

*7:おいしい物を食べて感じる満足感。

谷崎潤一郎氏 芥川龍之介

 f:id:tobiiroeyes:20200926232741j:plain

www.aozora.gr.jp

 

 

僕は或(ある)*1初夏の午後、谷崎氏と神田をひやかし*2に出かけた。

谷崎氏はその日も黒背広に赤い襟(えり)飾りを結んでゐ(い)た。

僕はこの壮大なる襟飾りに、象徴せられたるロマンティシズムを感じた。

尤(ゆう)*3もこれは僕ばかりではない。

往来(おうらい)の人も男女を問はず、僕と同じ印象を受けたのであらう。すれ違ふ度に谷崎氏の顔をじろじろ見ないものは一人もなかった。しかし谷崎氏は何と云つ(いう)てもさう(そう)云ふ(いう)事実を認めなかった。
「ありゃ君を見るんだよ。そんな道行き(みちゆき)*4なんぞ着てゐ(い)るから。」
 僕は成程(なるほど)夏外套(なつがいとう)*5の代りに親父の道行きを借用してゐ(い)た。が、道行きは茶の湯の師匠も菩提寺(ぼだいじ)*6の和尚も着るものである。

衆俗(しゅうぞく)*7の目を駭かす(おどろかす)ことは到底一輪の紅薔薇(べにばら)に似た、非凡なる襟飾りに及ぶ筈はない。

けれども谷崎氏は僕のようにロヂック*8を尊敬しない詩人だから、僕も亦(また)強ひてこの真理を呑みこませようとも思はなかった。
 その内に僕等は裏神保町(うらじんぼうちょう)*9の或(ある)カフェへ腰を下した。何でも喉の渇いたため、炭酸水か何か飲みにはいったのである。

僕は飲みものを註文した後も、つらつら*10谷崎氏の喉もとに燃えたロマンティシズム*11の烽火(ほうか)*12を眺めてゐた。

すると白粉(おしろい)*13の剥げた女給(じょきゅう)*14が一人、両手にコップを持ちながら、僕等のテーブルへ近づいて来た。

コップは真理のように澄んだ水に細かい泡を躍らせてゐ(い)た。

女給はそのコップを一つづつ、僕等の前へ立て並べた。

それから、――僕はまだ鮮かにあの女給の言葉を覚えてゐ(い)る!

 女給は立ち去り難いやうにテーブルへ片手を残したなり、しけじけ*15と谷崎氏の胸を覗きこんだ。
「まあ、好い色のネクタイをしていらっしゃるわねえ。」
 十分の後、僕はテーブルを離れる時に五十銭のチップを渡そうとした。

谷崎氏はあらゆる東京人のように無用のチップをやることに軽蔑を感ずる一人である。この時も勿論五十銭のチップは谷崎氏の冷笑(れいしょう)*16を免れ(まぬがれ)なかった。
「何にも君、世話にはならないじゃないか?」
 僕はこの先輩の冷笑にも羞(は)ぢず、皺だらけの札を女給へ渡した。

女給は何も僕等の為に炭酸水を運んだばかりではない。又実に僕の為には赤い襟飾りに関する真理を天下に挙揚(きょよう)*17してくれたのである。

僕はまだこの時の五十銭位誠意のあるチップをやったことはない。

 

*1:はっきり名を挙げずに物事をさす語。また、漠然と物事をさしていう語。

*2:相手が困ったり恥ずかしがったりするような冗談を言うこと。からかうこと。

*3:非常にすぐれているさま。

*4:もと道中着に使われた、額縁状の小襟のついた襟明きの四角い和服用コート。現在では女物の、袷 (あわせ) の半コート、防水した単 (ひとえ) の長コートが最も一般的。道行きコート。道行きぶり。

*5:最も外側に着ることを想定して作られた上着をいう。英語では overcoat(オーバーコート)という。

*6:先祖の墓があり、葬礼・仏事を営む寺。

*7:多くの俗人。 一般大衆。

*8:論理。議論のすじみち。

*9:裏神保町(うらじんぼうちょう)は、明治五年(1872年)に誕生。裏神保町は、大正十一年(1922年)に通神保町(とおりじんぼうちょう)と改称し、表神保町、表猿楽町(おもてさるがくちょう)などとともに、昭和九年(1934年)、神保町一丁目(じんぼうちょういっちょうめ)となる。さらに昭和二十三年(1948年)、神田区麹町区(こうじまちく)が合併し千代田区ができ、現在の神田神保町一丁目になる。

*10:考え事などにおいて、よく考える、深く考える様子などを指す表現。

*11:中世騎士道物語の伝奇的・空想的な特徴や,主人公の純粋な愛と理想探究の精神主義的な性格を示す形容詞ロマンティックromantic(英語)から作られた。…

*12:①敵襲などの変事の急報のために、高く上げる煙や火。古くは草や薪を燃やし、後には、火薬を用いた花火のようなものもあった。②合図。信号。 「新時代の到来を告げる-」

*13:《お白い、の意。 元来は女性語》顔や首筋などにつけて肌を色白に美しく見せるための化粧品。

*14:カフエー・バー・キャバレーなどで、客を接待する女の給仕。

*15:①同じ所に何度も行くさま。たびたび。ひんぱんに。②目をこらしてよく見るさま。よくよく。じっと。

*16:さげすみ、見くだした態度で笑うこと。あざわらい。

*17:人の地位や階級を上げること

雨ニモマケズ 宮沢賢治

f:id:tobiiroeyes:20200922225456j:plain

 

www.aozora.gr.jp

 

雨にもまけず
風にもまけず
雪にも夏の暑さにもまけぬ
丈夫な体をもち
欲はなく
決していからず
いつも静かに笑っている
1日に玄米(げんまい)四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず
野原の松の林のかげの
小さな萓(かや)ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を背負い
南に死にそうな人あれば
行って怖がらなくてもよいと言い
北に喧嘩や訴訟(そしょう)があれば
つまらないからやめろと言い
日照りのときは涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
皆に木偶の坊(でくのぼう)と呼ばれ
ほめられもせず
苦にもされず
そういうものに 
私はなりたい

南無無辺行菩薩(なむむへんぎょうぼさつ)
南無上行菩薩(なむじょうぎょうぼさつ)
南無多宝如来(なむたほうにょらい)
南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)
南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)
南無浄行菩薩(なむじょうぎょうぼさつ)
南無安立行菩薩(なむあんりゅうぎょうぼさつ)

 

 

 

▲TOP